ランニングリス

ナイキズームライバルフライ2ってランニングシューズがあるけど購入するか迷うなあ。使用したレビューや感想を教えてくださいな!

上記の疑問にお答えします。

ナイキズームライバルフライ2を購入したので、使用した感想をお伝えしていきます。

先日、以下のツイートをしました。

結論、スピードシューズだなと感じています。

さらに、深掘りして詳しくお伝えしていきます。

ナイキズームライバルフライ2を使用した感想

ナイキズームライバルフライ2を使用した感想をお伝えします。

スピードが上がった

かなりスピードが出せるシューズだと感じました。

先日以下のツイートをしました。

個人差はあると思いますが、試した感覚としては、1km5分で走っている感覚なのに4分30秒で走っていました。

実際の速度より体感速度が30秒くらい遅く感じるほど楽にスピードが出せているという事です。

追記:2ヶ月使用した結果。

実際にスピードが上がった

最近はスピード練習メインで取り入れている事もありますが、1kmのタイムが良くなりました。

元々、1kmを全力で走っても3分20秒ぐらいが限界でした。

しかし、シューズを変更して以下のタイムで走れています。

上記の通りですが、ズームライバルフライ2で走った結果、短期間で2回も自己ベストを更新出来ました。

足への衝撃がある

ナイキのペガサスシリーズよりは足への衝撃があると感じました。

ズームライバルフライ2はスピードシューズなので、ペガサスよりは少しだけ上級者向けのシューズです。

その分、足への衝撃もペガサスよりは強く感じます。

ただし、衝撃は感じますが、アシックスの薄底シューズを使っていた時よりは衝撃が少なくて、疲労も軽減されています。

その理由としては、ズームライバルフライ2もわりとクッション性があるからだと思います。

その証拠に実際、10km使用した直後に撮影した画像では、かなりシワが入りました。

それくらいのクッション性はあるという事だと思います。

追記:2ヶ月使用した結果。

足への負担はあまりない

元々、足への衝撃があるとレビューしていましたが、衝撃の割りに足への負担はあまり感じていないです。

実際、1kmのインターバルや坂ダッシュをしていますが、ズームライバルフライ2だから、いつもより疲れたという感覚がないです。

そして、気になる衝撃の方も、いつも間にか慣れてしまい、そこまで気になりません。

見た目がカッコいい

私はナイキのシューズを使用していますが、どのシューズもデザインが斬新でカッコいい印象です。

今回購入したズームライバルフライ2のデザインも気に入っています。

以下が画像です。

かなりお手頃価格

ヴェイパーフライなどの話題の厚底シューズは約3万円ですが、ズームライバルフライ2は約1万円です。(2020年10月現在は6000円前後。)

1万円が決して安いとは思いませんが、機能性やランニングが好きな人からすれば、かなりコスパの良い商品です。

自己ベスト更新も期待出来る

これは練習で使った感想ですが、スピードが身に付くので自己ベスト更新の期待も出来ます。

それくらいズームライバルフライ2で走った時に手応えを感じました。

厚底シューズを選ぶポイント

シューズを選ぶポイントを解説していきます。

  • 1km4分前後で走られる方はズームライバルフライ2オススメ。

1km6分前後で走られる方はナイキエアズームペガサス36オススメ。

スピード練習用とジョギング用で使い分けるのもアリだと思います。

まとめ

というわけで、本日は以上になります。

スピード感を身に付けたい方や厚底に興味がある方にナイキズームライバルフライ2は合うと思います。

 

【最新版】厚底ランニングシューズおすすめランキング【初心者向け】


マラソン・ジョギングランキング