駆け出しランナー駆け出しランナー

ランニングをしてるけど、
タバコも吸っています。
タバコをやめるべきか
迷っています。
タバコがランニングに
どんな影響があるか
教えて欲しいな。

こんな疑問にお答えします。

私は元喫煙者ランナーです。
しかし、今は禁煙しました。

結論、禁煙した方が良いです。

これより先は禁煙した
結果をお伝えしていきます。

私が禁煙した結果を見て、
禁煙するか考えて見て下さい。

私がタバコをやめた理由

ランニングに取り組みつつ
タバコを吸っていましたが、
完全に禁煙しました。

禁煙した理由は以下です。

①ランニングとタバコの矛盾
②タイムに伸び悩んできた
③もっと速く走りたい

順番に解説します。

①ランニングとタバコの矛盾

私はマラソン大会で
良い結果を
出したい
気持ちがありながら、

タバコを吸う事に矛盾を
感じながら走っていました。

タバコを吸う人なら
分かるかもですが、
走り始めて直ぐに
息苦しくなります。

ランニング後にタバコを吸う事が
楽しみで走っている人もいますよね。

もし、マラソン大会でタイムを
狙うなら禁煙した方が良いです。

②タイムに伸び悩んできた

私はランニングをして、
タバコを吸う事を
繰り返していました。

なので、タイムがあまり
伸びる感じがありませんでした。

もちろん、タバコが全ての
原因ではないと思います。

ただ、息苦しさは
タバコが原因だと
推測していました。

③もっと速く走りたい

タバコをやめたらどこまで
速く走れるようになるのか?

こんな疑問を感じました。

そんな事を考える内に
もっと速く走れるように
なりたいと思うようになりました。

もちろん、タバコをやめたら、
速くなるわけではありません。

しっかりと練習をする前提です。

ランニングでタバコを吸う影響は?

ランナーがタバコを吸うと
体にどんな影響があるのか
解説していきます。

以下がランナーに関係
ありそうなタバコの影響です。

①疲労回復が遅くなる
②持久力低下

解説していきます。

①疲労回復が遅くなる

ランニングで疲労した体や
筋肉の回復が遅くなります。

理由は一酸化炭素が
ヘモグロビンと結合する事が
原因のようです。

本来、酸素とヘモグロビンが
結合するところを邪魔するので、
酸素が体の隅々まで行き渡らずに
疲労回復が遅くなるようです。

ランナーはなるべく早く
疲労を回復させたいと思うので、
完全なデメリットですね。

②持久力低下

タバコには一酸化炭素が
多く含まれています。

疲労回復が遅れるのと
同じ話になりますが、
体内に取り込まれた
一酸化炭素の影響で
酸素が上手く体を
行き渡らないです。

ランニングは有酸素運動です。

酸素をしっかりと体内に
取り込む必要があるのですが、
タバコの影響で直ぐに
息があがって苦しくなります。

喫煙者=直ぐに息切れ
するのはこれが理由です。

ランニングの為に禁煙した結果!

私がランニングの為に
禁煙した結果を
お伝えしていきます。

タイムが良くなった

伸び悩んでいたタイムが
伸びるようになりました。

具体的には10kmのタイムが
以下の通り変わりました。

喫煙時:44分07秒
禁煙時:39分29秒

禁煙して約10ヶ月後です。
練習した成果もあります。

現在はどこまでいけるか、
自分でも分かりません。

最低でも38分台には
乗せれる気がします。

息苦しさが軽減された

煙草による走り始めの
息苦しさはなくなりました。

軽減と記載したのは、
あくまで煙草による
息苦しさがなくなったからです。

ランニングできつくなった時の
苦しさは変わらずです。

寝起きが軽くなった

煙草をやめてから
目覚めが良くなった気がします。

ぐっすり眠れている
証拠かもしれません。

良い睡眠のおかげで、
疲労回復に効果がありそうです。

ランナーは禁煙するべきか?

わざわざ、喫煙を
勧める事はしません。

では全てのランナーが
禁煙した方が良いのか?

これはランニングに
取り組む目的で分けるのが
良いのではないかと思います。

私のようにタイムを狙う場合、
禁煙した方が良いです。

そして、ランニングが趣味で
運動不足解消の目的で軽めに
ランニングをしている人は
どちらでも良いと思います。

あくまで自己判断でお願いします。

まとめ

というわけで、
本日は以上になります。

余談ですが、禁煙すると
その分お金が浮きます。

そのお金で新しいウェアや
シューズを購入すると
さらにやる気が出そうですね。

タイムを目指すなら
禁煙してみましょう!

呼吸の楽さに感動します。

では!


マラソン・ジョギングランキング