ランニングをする時に
Nike+RunClub
(ナイキランクラブ)という
ランニングアプリを使用しています。

このアプリを使用する事で、
ランニングがどんどん楽しくなって、
前は続けられなかったランニングを
1年以上継続
することが出来ています。

そして、今では完全に
ランニングが生活の
一部になっています。

今回はNike+RunClubを
使用する魅力やアプリで
出来る事をお伝えしていきますので、
ランニングアプリを
これから検討中の方は
ぜひ参考にして見て下さい。

日々のランニング記録を残した方が良い理由

ランニングアプリを使用することで、
アプリ内にランニングをした
距離やタイムが記録
されます。

これが私がランニングを継続出来ている理由です。

継続出来なかった時は家の近くを
闇雲にランニングするだけで、
自分がランニングをした
距離や時間を知る事が出来ませんでした。

日々の成果を知ることや
見返すことが出来ず、
前回のランニングより
成長しているかどうか分からず、
モチベーションが上がらずに
直ぐランニングをやめてしまいました。

Nike+RunClubのここが凄いから使っています!

次にNike+RunClubの機能や
その魅力を順番にお伝えしていきます。

ランニングの距離やタイムを知ることが出来る

Nike+RunClubを使用する
一番の目的である距離や
タイムを測定してくれます。

GPSでデータを取得して
測定
してくれるので、
電波のある場所であれば
どこからスタートしても
自分の走った距離やタイムが分かります。

それ以外に以下のことを
詳しく把握出来ます。

・毎月の走行距離やトータルの走行距離が分かる。
・消費カロリーや高低差(上り)が分かる。
・走った場所の地図が表示されて
走った場所に線が引かれてランルートが分かる。
・詳細なランペースや1km毎のタイムが分かる。

アプリ内で様々なトロフィーが貰えてモチベーションアップ

ランニングをする事でアプリ内で
様々なトロフィーが貰えます。

自己ベストや最長距離なども
自動で記録されていくので
モチベーションアップに繋がります。

私の10kmの自己ベスト記録と
週に7回ランのトロフィーです。

以下が貰えるトロフィーになります。

・最長距離、最長時間
・1km、1マイル、
5km、10km、ハーフ・
フルマラソン最速記録
・1ヶ月に24kmラン、
40kmラン、80kmラン、
160kmラン
・週に3回ラン、
5回ラン、7回ラン
・3週連続ラン、4週連続ラン、
5週連続ラン、6週連続ラン
・3ヶ月連続ラン、6ヶ月連続ラン、
9ヶ月連続ラン、12ヶ月連続ラン

距離を積み重ねてランレベルを上げる事が出来る

Nike+RunClubで記録していく事で、
これまでランニングした
トータル距離が分かります。

その距離によって
ランレベルが分かれています。

走れば走るほどランレベルが上がるので、
モチベーションアップの1つになります。

ランレベル一覧!

・0km~イエロー
・50km~オレンジ
・250km~グリーン
・1000km~ブルー
・2500km~パープル
・5000km~ブラック
・15000km~ボルト

音声ガイドランでランニングをサポートしてくれる

音声でランニングをサポート
してくれる機能になります。

一人だとマンネリ化してしまいそうな
ランニングでも音声サポートがあれば
気分を変えることが出来ます。

音声や音楽が流れるので、
使用する場合はイヤホンを
使う事をおすすめします。

音声ガイドランでは
以下のことが出来ます。

・ショートラン
「10分又は30分ショートラン、
27分トレッドミル」
・ロングラン「60分ロングラン」
・スピードラン「25分又は
38分インターバル走、
23分又は25分ファルトレク」

好きな練習メニューを選択する事が出来ます。

マイコーチ機能で練習メニューを作成出来る

マイコーチでは大会などの
目標に合わせてプランを設定する事で
自動で練習メニューや、
走る日休む日などの
スケジュールを作成して
サポートしてくれる機能になります。

ランニング仲間を友達登録することで競い合える

Nike+RunClubでランニング仲間を
友達登録する事で友達が走った距離が
分かり順位も表示されます。

そのおかげで自分も負けてられないとなり
モチベーションアップに繋がります。

友達登録で以下のことを把握出来ます。

・今週の友達の走行距離
・先週の友達の走行距離
・今月の友達の走行距離
・先月の友達の走行距離
・今年の友達の走行距離

ランニングアプリを使用するデメリットもご紹介

これまでNike+RunClubの機能や、
魅力をお伝えしましたが、
デメリットに感じたところも
あるのでお伝えします。

ランニングをする時にスマホを持ち運ばないといけない

スマホのアプリなので、
ランニング中にスマホを肌身離さず
持ち運ばないといけません。

スマホが邪魔に感じる人も
いるかもしれません。

私の場合はスマホを
アームバンドに入れて
腕に付けてランニングをしています。

【ランニングアームバンド】使用した感想!便利だったので紹介します!

アームバンドは慣れれば
気にならなくなりますが、
スマホを完全に持ち運ばなくて
良い対策だと以下のことがあります。

・アップルウォッチを使用する。

アップルウォッチは
Nike+RunClubを使用出来ます。
なので、スマホを持ち運ばなくても
ランニング中の距離やルートや
タイムを記録することが出来ます。

長く走る時はスマホの充電切れに注意が必要

ランニング中にスマホの
充電が切れてしまった場合は
充電が切れた場所までしか
記録されません。

それだと非常に勿体無いです。

私の場合はフルマラソン中に
38km地点で充電切れとなりました。

この充電切れを機に、
私は以下の対策を取っています。

・ランニング前は充電を100%にする
・画面のライトを暗くする。
・画面を消しておく

フルマラソンなど長時間走らなければ、
あまり気にする事はありませんが、
画面のライトを暗くしたり
ランニング中に画面を消しておくと
充電が減る速度が遅くなります。

最後に

私は基本1人でランニングをしていますが、
今ではNike+RunClubが
ランニングパートナーになっています。

アプリに様々な機能があるので、
飽きる事なく楽しくランニングを
続けることが出来ています。

少しでも興味がありましたら
導入してみることをおすすめします。

以上が
ランニングアプリでおすすめ無料!
Nike+RunClubを2年使った感想!
でした。